犬を叱っているつもりが無駄吠えの原因に

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬を叱っているつもりが無駄吠えの原因に

愛犬の無駄吠えは、来客時の第一印象が悪くなってしまったり、ご近所の騒音につながったり、早めに何とかしておきたいしつけのひとつです。


しかし、吠える行為は愛犬にとっての大切なコミュニケーションのひとつですので、簡単ではありません。


飼い主の行動一つで、無駄吠えを減らすことができることもあります。


逆に、ついつい日常的にやってしまっている行動が、逆に無駄吠えを増長してしまっていることがよくあります。


飼い主ならだれでも一度はやってしまっている行動のひとつがこれです。


愛犬が吠えたら、「コラー、静かにしなさい!」あるいは「●●ちゃん、静かにしなくちゃだめでしょ!」と叱る行為


「吠えた」行為に対して、即座に愛犬を叱る行為は、実は無駄吠えの逆効果になります。


では、その無駄吠えの原因になるメカニズムを紹介します。


・愛犬は、何らかの要求や欲求があって、飼い主にサインを送ります。

・それが、吠えるという行為です。

・吠えてほしくない時、飼い主は思わず、「コラー!静かにしなさい」と大声で叱ります。

・しかし、愛犬は言葉はわかりませんので、飼い主から反応があったと理解します。

・特に、飼い主と愛犬の目線が合うので、コミュニケーションが取れたと理解します。

・大きな声だったり、大きなリアクションであれば、構ってもらえたと喜びます。

・これが何回か繰り返されれば、わがままな無駄吠え犬の出来上がりです。


愛犬は、吠えたタイミングでの飼い主の反応をよくみています。


人間の子供の場合は、言葉を理解しているので、静かにしないと叱られるということを理解できます。


しかし、愛犬は、飼い主の発声やしぐさなどの反応をみて判断します。


もちろん、犬のしつけの専門家やトップブリーダーなどによって、人間の言葉や合図をしっかり理解・しつけされた犬であれば、ある程度の声掛けも理解してくれるかもしれません。


しかし、ゼロから、しつけもしていない愛犬であったら、「コラー、静かにしなさい」と「よしよし、構ってほしいのか」の2つを見分けることはできません。


大切なポイントは、愛犬の吠えたときの飼い主の反応ひとつで、しつけになるか、無駄吠えの原因になるか決まってしまうことです。


つまり、愛犬のしつけでは、愛犬が飼い主にとってうれしい行動をとったときの反応がとても重要になります。


むしろ、無駄吠えをやめたタイミングや、無駄吠えをしなかったタイミングで、愛犬が喜ぶことを積極的にしてあげましょう!


犬のしつけは、繰り返しが大切ですので、日常の習慣化がベースになります。


愛犬のしつけは、飼い主の日常の行動一つで、良くも悪くもなります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ