飼い犬の噛む・噛みつきによる賠償金

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

飼い犬の噛む・噛みつきによる賠償金

愛犬のしつけでもっとも重要なポイントは、他人や他人の愛犬などを傷つけないことです。


そういった意味では、「吠える」と「噛む」の2つを比較した場合、「噛む」行為の方が、リスクが高いといえます。


「吠える」行為も、他人や近所へ迷惑をかけてしまっては、社会的な意味では同じですので、しつけとしてしっかりと取り組む必要があります。


「噛む」行為は、直接的に他人や他人の愛犬を傷つけてしまうリスクを伴っているため、しつけとしてもとても重要なポイントになります。


「噛む」行為に対するしつけが不十分で、その結果、突然、他人に噛みついて、けがをさせてしまった場合、飼い主であるあなたには、どんな賠償責任や法的責任が問われるのでしょうか?


今回は、簡単ではありますが、法的責任について紹介します。


【民法 第718条 (動物の占有者等の責任)】

第一項

動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

第二項

占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。


嚙みつきのケースとして、要約すれば、飼い犬が他人に噛みつき、怪我をさせてしまって場合は、あなたは、その怪我の治療にかかる費用を賠償金として払わなければならない。

ただし、愛犬の性格や管理状況などその場の状況によって、その責任の度合いは変わるといったような意味となります。


実際に噛みついてしまった場合には、100%あなたの責任なのか、被害者にも、過失があったのか、それはケースバイケースとなります。


例えば、「日ごろから噛みつく癖があり、犬のしつけがうまくいっていない状態にも関わらず、公園で首輪もつけずに放置していて、よそ見をしていた時に、遊びに来た子供に噛みついてしまった」ような事例では、当然飼い主の責任は重いものになります。


逆に、「噛むしつけを後回しにしている状況であり、他人に噛みつく恐れがあるため、頑丈なオリに入れて、「猛犬、噛みつき 注意」などの目立つ表示をしていたにも関わらず、興味本位に他人がオリを開けて、噛みつかれた」ような事例の場合には、ある程度のリスクが想定できたにも関わらず、被害者の方が自ら接近しなければ発生しなかった事例となりますので、この被害者にも、ある程度の責任が生じます。


このように、状況に応じて、責任の度合いはケースバイケースですが、どちらにしても、しっかりと飼い主として他人に噛みつかないようなしつけをしっかりとしていれば、防ぐことができる事例です。


飼い主として、愛犬が他人や他人の愛犬に噛みついて怪我をさせてしまっては、怪我をさせてしまった方と、怪我をしてしまった方のどちらも気まずいことに変わりはありません。


ましてや、噛みついた場所が悪かったり、相手が小さなお子さんであった場合には、重大な怪我や取り返しがつかない怪我になってしまう恐れもあります。


そのような最悪の事態を避けるためにも、愛犬のしつけは、計画的に実施しましょう。


愛犬の成長は早いものです。


体の成長と同時に、愛犬の噛む力も予想以上に強くなっているものです。


犬のしつけは、費用が掛かったり、めんどくさかったりと後回しにせずに、あなたと愛犬にとって、とても重要なことですので、早めに実施しましょう。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ