犬のしつけ 無駄吠え 困る割合は2位

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬のしつけ 無駄吠え 困る割合は2位

誰でも、ペットを飼おうと思った時、犬を飼うことが選択肢になります。


しかし、一方で、ちゃんと犬のしつけができるかどうか不安にもなります。


実際にペットとして犬を飼ってみて、困ったことを聞いてみたアンケートがあります。


犬や猫を飼っている約600人の方にご協力を頂いたアンケートになります。


『ペットとして犬を飼ってみて困ったことはなんですか?』


実は、第一位が犬のしつけではありません。


第一位は、「愛犬が事故や病気になったときの治療費」でした。


特に入院になってしまうような高額な事例です。


アンケート回答者のうち、約6割の方が治療費を上げています。


その理由は、アンケートを回答した方のうち、4人に一人の方が10万円以上の高額な治療費を支払った経験にあります。


第二位は、「愛犬のしつけが不安」でした。


愛犬のしつけのやり方がわからなかったり、実際に犬のしつけを調べて、いくら実施してみても、うまくいかない経験が多かったようです。


全体の4割弱の方が、愛犬の犬のしつけとして、無駄吠えや噛むことを治すためにしつけをやってみても、全然治らなかったという経験をされています。


特に、犬のしつけが実施しやすい0歳から2歳の一番愛犬が可愛いときに、実際に犬のしつけを実施して試みてみたのに、うまくいかなかったケースが多いようです。


実は、アンケートに回答した方の約5割の方が0歳から2歳の愛犬のしつけがうまくいかず断念しています。


折角、犬のしつけが最も効果的に効く0歳から2歳の成長期に、正しい犬のしつけの方法を知らないばっかりに断念してしまうのはもったいないです。


特に吠えることと噛むことは、犬のしつけでも、重要なポイントです。


この年齢からしっかりとしつけることで、吠えても大丈夫なタイミングや吠え方を学習します。


噛むことも0歳から2歳は、甘噛みの真っ只中です。


この時にしっかりと犬のしつけをしないまま、大きくなってしまっては、噛む力も相当強くなり、危険になってきます。


インターネットや雑誌には、犬のしつけもいろいろなことが載っています。


情報の洪水に流されずに、しっかりとしたトレーナーの確実な犬のしつけが重要です。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ