吠えるの原因 家の中で遊ぶ方法と心構え

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

吠えるの原因 家の中で遊ぶ方法と心構え

愛犬との楽しい生活は、愛犬が我が家にやってきたときから始まります。


特に子犬などは、体も小さく、しぐさのひとつひとつが可愛いものです。


また、ミニチュアダックスフンドやチワワなどの小型犬なども人気です。


家の中で、飼い主や家族と一緒に飼うことができる犬の種類も非常に多いです。


愛犬が、初めて家に来た時は、もうたまりません。


かわいくて、愛嬌たっぷりで、しっぽを振ったり、しぐさのひとつひとつが可愛く見えます。


飼い主や家族の気持ちも高まります。


『よーし、今日から家族の一員に仲間入りだから、愛情たっぷりに育ててあげるからね。』


『さびしい思いをさせないように、時間がある時には、できるだけかまってあげるから心配しないでね。』


『さびしい思いをさせるなんて問題外。家の中で飼うから、いつも近くに居てあげるね。』


やっぱり、せっかく愛犬が我が家の一員に加わったのだから、愛情たっぷりに気合が入ります。


家の中で飼う小型犬などの場合では、特にいつも手の届く範囲に愛犬が居ます。


そのため、時間があるときや愛犬が目についた時などに、かまってあげなくちゃと想い、我先に愛犬と遊ぶことを選択します。


そして、愛犬がさびしさのあまり、悲しそうに甘えた声でワンワンと言ったら、思わずゴメンゴメンさびし想いをさせてしまってと、飼い主か家族がかまってあげたり、遊んであげたりします。


しかし、この行為は、典型的な吠える犬の原因へ踏み出しています。


犬のしつけも、愛犬が我が家にやってきたときから始まります。


愛犬は、飼い主の環境から、飼い主のことを学習していきます。


いつも、飼い主や家族のだれかが、目につけば、可愛がって遊んでくれる。


愛犬がさびしいと感じ、甘えたり、吠えたら、すぐにまた遊んでくれる。


このまま愛犬が大きく成長していけば、簡単に要求吠えが頻繁になり、なにかしてほしいときに大声で吠えたり、何かに噛みついたり、ひっかいたりする犬になってしまうことが容易に想像できます。


愛犬と家の中で飼うときは、特に普段から近くに居ます。


その分かまったり、遊んだりすることが身近になります。


しかし、愛犬との遊び方を間違えれば、簡単に吠える犬になってしまいます。


愛犬が我が家に初めてやってきたときから犬のしつけは始まります。


このように、愛犬を家の中で飼うときは、遊ぶ方法や飼い主の心構えが特に大切になります。


愛犬への愛情はとても大切なことですが、遊ぶ方法などが間違った方向へ行ってしまっては、犬のしつけにとってはマイナスであり、吠える原因や噛む原因になってしまいます。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ