親戚・知人に預けたら別の犬のように吠える犬になってしまった事例

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

親戚・知人に預けたら別の犬のように吠える犬になってしまった事例

どの犬でも、何かのきっかけで吠える犬に変わってしまうことがあります。


もともと犬は吠える動物です。


犬のしつけ方法に失敗したり、一端成功して、お利口さんの愛犬でも、何かのきっかけで吠える犬や無駄吠えが多い犬に戻ってしまうこともあります。


今回紹介する事例は、近所でもお利口さんの賢い犬で評判だった愛犬が、突然、犬のしつけができていない吠える犬に変わってしまった事例です。


かかりつけの獣医での診察時間や、近所のドックランでの他の犬との触れ合いでも問題行動を起こすことなく、むしろ、すこぶる評判の良い犬でした。


しかし、ある日を境目にこれまでと反対で頻繁に吠える犬に変わってしまった訳です。


それは、親戚に愛犬をあずけたことがきっかけです。


それも、1週間ほどあずけたそうです。


その時の変化の体験談を事例として紹介します。



「親戚・知人に預けたら別の犬のように吠える犬になってしまった事例」


(親戚にあずける前の愛犬の様子)


・近所や公園でも評判の賢い愛犬


・食事前になると飼い主の周りを動く程度の要求


・飼い主の「オスワリ」の命令に従い黙って座る


・飼い主の「ヨシ」の合図で食べ始める


・散歩の前の気配があるとそわそわしている程度の要求


・飼い主の「オスワリ」の命令に従い黙って座る


・飼い主の「ヨシ」の合図で一緒に散歩に出発


・これらを静かに大人しく実行できる愛犬


(親戚にあずけた後の愛犬の様子)


・食事や散歩の要求の度に頻繁に吠える困った愛犬にかわってしまった


・食事前の「オスワリ」の命令もなんとか聞く程度


・そこから準備ができて「ヨシ」の合図をするまで吠え続ける


・散歩前の「オスワリ」の命令もなんとか聞く程度


・そこから散歩に出発するまでの間、ひたすら吠える続ける


・このように食事と散歩の要求の時がもっとも過激に吠え続ける


・そのほか、かまってほしいときにも吠えるようになってしまった



もともと犬は吠える動物であることを思い知らされる事例と言えます。


たった一週間でも、生活環境が変わり、きっかけがあれば、愛犬は吠える犬に変わってしまう可能性があります。


今回の事例は、典型的な要求吠えの結果と言えます。


愛犬を預かった先の親戚が愛犬をかわいがって、さびしそうにしていたしぐさがあった時に好物の餌を与えていたことが原因です。


食事や散歩は要求吠えになりやすいため、犬のしつけでも、重要な教育タイミングです。


食事や散歩の時に吠える犬のしつけの詳細は「ご飯や散歩の前に吠える原因・メカニズム 要求吠え」を参照下さい。


親戚としては、本当の飼い主が居なくなってさびしそうにしている姿が不憫に映ったのかもしれません。


犬をかわいがることは悪いことではありません。


しかし、なにげない行為が、わずか一週間でこれまでの犬のしつけを覆すことになる可能性がある事例です。


親戚や友人・知人宅へ愛犬をあずけるときには、これまでのルールをしっかりと伝授して、変えないことが大切です。


犬のしつけ方法が上手に効果を発揮しているなら、なおさらです。


ルールを守ることは、愛犬のしつけの意味でも混乱させないために重要です。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ