犬の無駄吠え、噛みつきの原因 子犬の時の社会化・コミュニケーション不足

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬の無駄吠え、噛みつきの原因 子犬の時の社会化・コミュニケーション不足

犬のしつけを実施するときに、タイミングも重要な要素になります。


特に重要なタイミングは、生まれてから1歳から2歳ぐらいまでの赤ちゃん犬から子犬までの幼児期になります。


生まれてから、その後の外部の生活環境によって、犬の性格が形成されていきます。


その考えからも、赤ちゃん犬や子犬の状態における犬のしつけはとても重要になります。


無駄吠えや噛みつきについても、このころのしつけの影響を直接受けることになります。


生まれてからの親犬との触れ合いや同じタイミングで生まれた兄弟犬とのじゃれあいなどから得られるしつけはとても重要な勉強の機会となります。


このような赤ちゃん犬や子犬の時の自分以外との社会との触れ合いやコミュニケーションが重要な意味を持ちます。


この社会化・コミュニケーションが不足する場合には、それと同じことを飼い主自らが犬のしつけとして実施する必要があります。


この影響について、とても解りやすい事例が噛みつきの事例です。


『噛みつきの原因 子犬の時の社会化・コミュニケーション不足』


・生まれたばかりの子犬は噛みつきの意味が解らない


・本能的に、噛みたいものに噛みつく


・母親犬に噛みつくこともある


・一緒に生まれた兄弟同士で噛みつくこともある


・当然、噛みつかれれば痛い


・だから、自分も噛みつくことの影響を経験から知る


・噛みつけば相手がどうなるかを本能的に学んでいく


・母親犬からも、噛みつき指導を受けながら学ぶ


・犬社会があれば、他の犬の存在も学ぶ


・このようにコミュニケーションから徐々に性格が形成される


『しかし、生まれて間もなく母親や兄弟と離されてしまった場合』


・犬社会での噛みつきの影響を学ぶ機会が失われる


・優しい飼い主の元で飼われることになった


・本能的に飼い主に噛みつくこともある


・その仕草は、赤ちゃん犬のかわいい甘噛みである


・噛む力も弱く、それほど痛くないことが多い


・そのため、噛まれても、ついつい許してしまいがち


・他の兄弟犬から噛まれることもない


・母親犬からの噛みつき指導や教育もない


・その結果、噛む行為に対する影響の体験や経験が不足する


・そのまま成長することで、噛む力が増加


・噛むことが次第に凶器や武器となる


・飼い主が怪我したり、血まみれになることも


・慌てて噛む行為を止めさせる犬のしつけをしてもうまくいかない


赤ちゃん犬や子犬は、愛くるしく、とてもかわいいです。


ついつい、欲しくなったり、飼いたい衝動に悩まされます。


しかし、母親や兄弟犬とのコミュニケーションや触れ合いは、社会に出る初期のとても大切な教育の機会です。


コミュニケーション不足や犬社会での教育不足は、そのまま吠える行為や噛む行為の原因のひとつになります。


社会化やコミュニケーション不足は、他の犬に対する免疫が少なく、警戒心も高くなりがちです。


その結果、公園デビューなどでの他の犬に対する吠える行為や噛みつく行為にもつながりやすくなってしまいます。


犬を扱うペットショップ側でも、社会化や教育機会のことを考慮し、生れたばかりの赤ちゃん犬や子犬を安易な販売にならないように留意頂きたいものです。


生まれた子犬の最初の犬のしつけの先生は、母親犬であってほしいものです。


その結果、飼い主による人間界での犬のしつけにおいても、負担が軽減されたり、上手に教育できる可能性があります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ