犬の吠える・噛む 原因 遺伝 純血犬種の繁殖に注意

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬の吠える・噛む 原因 遺伝 純血犬種の繁殖に注意

犬のしつけでも、特に吠えることと噛むことに悩む事例が多いです。


無駄吠えや噛みつきは、飼い主たちの身内だけではなく、通行人やご近所などにも影響を与えるためです。


犬と一緒に生活するためには、周りの社会と共存し、犬を飼うことに対するマナーやモラルが必要になります。


犬のしつけは、犬が社会の一員となって周囲と生活するための教育プログラムとも言えます。


そういった意味では、犬のしつけは、生まれた後の飼い主による環境整備になります。


一方、環境要因以外では、犬の吠える行為や噛む行為の原因のひとつが遺伝です。


犬の個性や性格に与える遺伝や生活環境の詳細は、「犬の吠える・噛む 原因 遺伝と生活環境」を参照。


つまり、吠えやすい犬や噛みやすい犬は、親から受け継いだ遺伝的な性格要素もあるということです。


もちろん、吠えやすい犬や噛みつきやすい犬であっても、その後の犬のしつけによって、十分これらの行為を抑制することはできます。


人間の子供の場合の教育やしつけと同様です。


運動が苦手な親であっても、その子供が小さいころから、何かのスポーツに取り組めば、きっと上手なお子さんに育っていきます。


音楽が苦手な親であっても、小さいころから音楽の環境にあれば、上手に演奏できるお子さんに育っていきます。


それでは、改めて犬の遺伝的要素で重要な部分を紹介します。


特に純血の血統書のあるような犬の場合には、時にとても重要になることがあります。


血統書のあるような犬の場合には、ペットショップなどと提携して、繁殖で増やして販売するビジネスとなっているケースが多いです。


ここで、犬の繁殖者のモラルが重要になります。


人間の場合と同様に、近い親族同士の子供には、何らかの影響が出る恐れがあります。


犬も近い親族同士での繁殖は好ましくありません。


しかしながら、繁殖ビジネスを純粋に考えれば、人気のある毛の色や、毛並み、色つやなど条件のそろった親犬は限定されます。


さらには、犬の耳の形状や眼の位置、体型、健康状態なども条件として追加して考えれば、さらに優秀な親犬はすごく狭い範囲に限定されます。


このように人気の高い犬の条件を満たすタイプの親犬は相当厳選されてきます。


場合によっては、近い親族にあたるかもしれません。


これらの限定された犬同士で繁殖すれば、見た目人気の高い犬種として生まれてくる可能性が高まります。


そう考えれば、犬の繁殖ビジネスでは、手っ取り早く見た目の良い犬を得るために、これらの遺伝的なリスク要素が軽視されかねません。


質の高いペットショップや繁殖家では、これらの血筋や血統をしっかりと管理して、遺伝的なリスクも考慮しております。


見た目がすごく良くても、性格に難があっては、折角の夢の愛犬との生活が台無しになる恐れも有ります。


噛むことや吠えることに対する犬のしつけで苦労する場合意外にも、落ち着きがなかったり、病弱だったりなどが考えられます。


それでも、可愛い愛犬には変わりありませんので、飼い主としては、正しい犬のしつけでしっかりと頑張って育ててほしいものです。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ