犬の吠える・噛む 原因 遺伝と生活環境

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬の吠える・噛む 原因 遺伝と生活環境

犬の吠えたり、噛んだりする行動は、時に大きな問題行動になります。


また、吠える声や噛む武器は、飼い主以外にも危害を加えることになり、犬のしつけでも重要な項目になります。


吠えることと噛むことがしっかりしつけできなければ、吠える声で周囲や近所の生活を脅かしたり、噛むことで通行人や散歩先で怪我をさせてしまうかもしれません。


それだけ、飼い主が実施する犬のしつけも重要になります。


一方で、吠えることや噛むことは、犬の個性や犬種にも大きく影響を受けます。


犬の行動学においても、吠えることや噛むことに直結する犬の性格について説明している内容があります。


「犬の性格や個性へ与える影響」


・犬の性格や個性は、主に次の要素が重要になる


・親から受け継いだ遺伝子情報


・生まれた後の生活環境


・特に生後から子犬までの生活環境が重要



つまり、親から受け継いだ犬の遺伝情報と、生まれた後の犬のしつけも含めた生活環境が重要ということです。


生活環境は犬のしつけだからわかるけど、遺伝がそんなに影響あるの?


と思うかもしれません。


しかし、実際、犬には犬種があります。


もともと、獲物を狩るための目的に交配で構築してきた犬種もあります。


また、飼い主の命令を忠実に聞くトレーニングや任務に向いている犬種もあります。


さらに、農場にくる害獣や侵入者を撃退するために、警戒心が強い犬種もあります。


それぞれの時代に必要な能力を磨いて、交配され活躍してきた犬種達です。


これらの犬種のように、親から引き継いだそもそもの性格は、遺伝的に染みついています。


これらの基本的な性格を変えるような犬のしつけ方法は、1時間や1日の魔法の言葉などでガラッと変わるようなことは期待できません。


つまり、犬の行動学では、遺伝と生活環境を上手にコントロールすることが犬のしつけでも大切としています。


いくら素晴らしい遺伝を継いだ犬を手に入れても、その後の生活環境がよくなければ、その素晴らしい遺伝が活かされません。


逆に、素晴らしい生活環境で、慎重に育てたとしても、悪い遺伝の部分を完全に消し去ることは難しいかもしれません。


これらを総合すると、愛犬が大声で吠えたり、無差別で噛みついたりする問題行動が直らない原因としては、その犬が持って生まれた遺伝の部分と、その後の犬のしつけも含めた生活環境の2つが影響していると言えます。


犬のしつけでは、生活環境を上手にコントロールすることで、愛犬との楽しい夢のような生活を築いていくことになります。


遺伝的に噛みやすい犬種であっても、通行人に吠えやすい犬種であっても、犬のしつけで生活環境を整えることで遺伝の影響力を小さくすることができます。


是非、あきらめずに愛情たっぷりで、吠える行為や噛みつく行為を管理できる犬のしつけを頑張ってみましょう。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ