通行人、通りかかる犬に激しく吠える 事例

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

通行人、通りかかる犬に激しく吠える 事例

通行人、配達人、通りかかった犬に激しく吠える事例は多数あります。


小さい鳴き声や吠える回数が少ない場合には、我慢できるかもしれません。


しかし、悪化してしまうと、非常に過激になる場合もあるため、注意が必要です。


典型的な事例では、赤ちゃん犬や子犬の産まれてから1歳ぐらいまでは、それほど目立った行為は見られない。


しかし、ある時期を境目に、吠える行為がエスカレート。


今では、まったく手がつけられなく、強烈で凶暴な吠え方をする犬になってしまった。


もちろん、飼い主も、愛犬を迎え入れるために、事前勉強をして、犬のしつけ本やインターネットでそれなりに勉強していました。


それでも、激しい無駄吠えを連発する犬になってしまって、途方に暮れている。


朝夕問わず激しく吠えるため、近所迷惑も勃発。


今回紹介する愛犬が吠える事例もこのような典型的なストーリーに見事はまってしまっています。



「通行人、通りかかる犬に激しく吠える 事例」


・子供がいなく、犬を飼うことに。


・初めての犬なので、可愛い犬種を選択


・飼うために、独自にさまざまな犬のしつけ本と複数の犬のしつけ教室にも参加


・1歳ぐらいまでの誕生日までは、吠えていたが酷くはなかった


・しかし、誕生日後ぐらいから徐々に無駄吠えがエスカレート


・今では、通行人や通りかかる犬に対して過激な威嚇吠えを連発する


・その様子はとてもすさまじい


・ガラス窓に体当たりし、前足でガラスを強打しながら、強烈な声で吠えまくる


・まさに修羅場のよな現場で、近所でも有名に


・さらに、電話やインターフォンにも反応し、吠えるありさま


・散歩やご飯の前にも、激しく要求吠え


・飼い主も我慢の限界で、「静かに」から「うるさい」「やかましい」のどなり声に



このレベルまでいってしまうと、簡単で単純なひとつの方法のみで全てを解決するような犬のしつけは難しいかもしれません。


基本的に、通行人や配達者、来客者、通りかかりの犬などは、外敵になります。


つまり、今回のケースでは、犬の習性として、縄張り意識によるものと考えられます。


これらの詳しい内容は、「来客者、通行人への深刻で酷い無駄吠えの原因 犬の習性・特徴」に詳しく解説しております。


もともとの犬の習性によって、このような敵対的な威嚇吠えは、どの犬にも発生する可能性があります。


こちらの飼い主の事例でも、初めての犬だから、犬のしつけについて本やインターネット、しつけ教室から十分な情報を得て、勉強しているつもりだった。


しかし、初めての犬だから、逆に可愛くて、しつけが十分にできていなかった可能性も自覚しておられます。


犬のしつけの難しさと無駄吠えの発生が伴う典型的な事例のひとつです。


飼い主自身の安眠も脅かされ、ご近所にも迷惑をかけてしまっては、折角の愛犬との夢の生活が台無しです。


しっかりとした犬のしつけ方法を実施して、無駄吠えを防止する必要があります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ