夜中に吠える犬 原因 禁止行為

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

夜中に吠える犬 原因 禁止行為

夜中に愛犬が大声で吠える行為は、飼い主にとっても大きな問題となることが多いです。


ただでさえ、愛犬の吠える声は大きいことが多いです。


周囲が寝静まった深夜では、生活音がある日中と比較して、より一層大声で吠える犬の声は目立ちます。


深夜になれば、なるほど、静けさが増すため、その悪影響は大きくなります。


また、夜中の深夜に吠える場合は、飼い主自身の安眠も邪魔されます。


もちろん、同居している家族の安眠にもよくありません。


そして、近所の方の安眠にも影響を与えている可能性があります。


あなたの家が、山奥の一軒家なら、どんなに吠えても、影響をうけるのは、あなたの家族だけになります。


あなたの家族の理解が得られれば、夜中に吠えても影響はありません。


しかし、ほとんどの場合は、ご近所との付き合いの中で犬を飼うことになります。


その場合は、あなたが犬の吠える声を小さいと判断したり、がまんできるレベルと判断したとしても、隣の近所の方がどう感じて、どう思っているのかは全く別問題です。


夜中の犬の無駄吠えは、ご近所との付き合いで、深刻な問題に発展する可能性もあります。


愛犬の無駄吠えが原因の近所トラブルの詳細については「犬のしつけ不足 犬の無駄吠えが原因で近所付き合いが悪化」を参照下さい。


日中に発生する他のタイプの無駄吠えよりも、夜中の無駄吠えは、優先的に犬のしつけとして、取り組む必要があります。


では、愛犬が夜中に吠えてしまう原因にはどのようなものがあるのか。


『愛犬が夜中に吠える原因』


  • 無駄吠えを治す秘密の方法
  • コミュニケーション不足
  • 特に、愛犬がさびしさを感じている
  • 屋内飼から屋外飼に変わった
  • ストレスや欲求不満
  • 例えば、運動不足や散歩不足
  • 寝る場所が落ち着かない
  • 寝る場所の近くに愛犬の苦手なものがある
  • 歩道や車道に近く、人通りが多い
  • 小動物が侵入している
  • 体調不良、痛み、かゆみ

このように夜中の吠える行為にも、いくつかの原因が考えられます。


愛犬がどの原因によって吠えてしまっているのか


まずは、よく観察して見極める必要があります。


また、何気ない飼い主の行為が原因となって、夜中の無駄吠えを増加させてしまっている可能性もあります。


ある意味、夜中に吠える犬に対して、実施してはいけない禁止行為とも言えます。


それは、愛犬が夜中に吠えた時に、とってはいけない行為です。


『様子を見に行ったり、声をかけたり、かまったりしてはいけません』


夜中に吠えたときに、飼い主が様子を見に行ったり、声をかけたりすれば、愛犬からは、飼い主にかまってもらったと喜びます。


つまり、次も夜中に吠えたら、飼い主にかまってもらえると学習します。


仮に、大声をあげて、叱ったとしても、いつもより大きくかまってもらったと解釈し、より興奮してしまうリスクもあります。


何に吠えているか気になったり、思わずかまって助けてあげたくなる気持ちはわかります。


しかし、その行為が原因で、夜中に吠える行為につながっているとすれば、飼い主の責任です。


様子を見に行く場合でも、決して愛犬に見つからない方法で実践しなければなりません。


夜中、特に深夜の無駄吠えは、近所迷惑に直結します。


犬のしつけをしっかりとして、愛犬の夜中の無駄吠えは避けましょう。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ