犬の吠える・噛む 原因 さびしがり・分離不安を悪化させる禁止行為

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬の吠える・噛む 原因 さびしがり・分離不安を悪化させる禁止行為

普段、飼い主が愛犬にとっている何気ない行動が、実は吠える行為や噛む行為を悪化させている原因になっている場合があります。


そのひとつが、愛犬のさびしがりや分離不安を悪化させる行為です。


代表的な症状としては、飼い主の留守中に、大声で吠えたり、物を噛んだり、壊したりする問題行動となります。


飼い主が外出することで、愛犬が強い不安やストレスを感じ、それが原因で、吠える、噛むの問題行動になってしまう訳です。


つまり、飼い主が実施している行為が、愛犬のさびしがりに直結したり、悪影響を及ぼしたりするような場合には、この症状を悪化させてしまうことになります。


では、具体的に、愛犬のさびしがりや分離不安を悪化させてしまう禁止行為の事例を紹介します。


『飼い主の外出時の禁止行為』


飼い主が外出するときに、愛犬にたいして、「行ってくるね」とか「お利口に待っていてね」と優しく声をかけて、かまってから外出してはいけません。


飼い主が外出するときは、愛犬に取っては、別れの時間であり、もっとも不安を感じるタイミングです。


大好きな飼い主が不在になる直前に、優しくかまってもらえば、その後のひとりぼっちの反動が大きくなることは容易に想像できます。


しかも、この行為が繰り返されれば、愛犬にとっては、「今から不安なひとりぼっちが始まる」と強く意識していまいます。


愛犬の愛情が強ければ、強いほど、不安は強まり、時には恐怖のような状態になる恐れもあります。


つまり、飼い主は優しく「行ってきます」の声掛けをしているつもりでも、愛犬にとっては、どんどん不安をあおられて、さみしくなっている可能性があります。


『飼い主の帰宅時の禁止行為』


飼い主が外出から帰ってきた時も、愛犬に対して、「今帰ってきたよ」とか「ひとりにしてごめんね」と優しく声をかけながら、かまってあげてはいけません。


大好きな飼い主が帰ってきたときは、嬉しくてしょうがありません。


そんなときに、優しく声をかけて、かまってもらえれば、喜びは爆発です。


しかし、その反動は、次の外出時にやってきます。


次の留守番の時のさびしさやストレスは、徐々に大きくなっていきます。


これを繰り返していくうちに、愛犬にとっては、留守番の不安が強く深刻なレベルになってきてしまいます。


特に、帰宅時の愛犬の行動のひとつに「飛びつき」があります。


愛犬が小さいうちはかわいいしぐさのひとつで終わるかもしれません。


しかし、この行為も大型犬であれば、怪我をさせる恐れもあり、小型犬であっても、服を汚したり、他人を驚かせたり、トラブルの原因になります。


そのため、帰宅時に飛びつかれて、同じようにかまっていると、飛びつき癖が愛犬にしみついてしまう可能性もあります。


このように、帰宅時は、愛犬の吠える行為や噛む行為に加えて、飛びつく行為の原因をつくってしまっている可能性があるため、注意が必要です。



飼い主の行動によって、犬のしつけ方法が上手にできるか、それとも、いつまでたってもなかなか治らない状態が続くのか、変わってきます。


折角、吠える行為や噛む行為をやめさせるために、犬のしつけを実践していたとしても、飼い主が、さびしがりや分離不安を悪化させる禁止行為を繰り返していては、愛犬は混乱するばかりです。


そのような状態では、犬のしつけが上手に訓練できる状態ではありません。


しつけが上手にできるような環境構築も飼い主の重要な役割です。


飼い主の思わぬ行動が、愛犬の無駄吠えや噛みつきに直結する場合や悪化させてしまう場合があるので、しっかりと原因を見極めて、犬のしつけ方法を実施する必要があります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ