吠える 噛む 原因 さびしがり・分離不安のチェックリスト

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

吠える 噛む 原因 さびしがり・分離不安のチェックリスト

犬のしつけでも、吠えることと噛むことはなんとかしたいものです。


犬の吠える原因と噛む原因のひとつに、犬自身のさびしがりや分離不安があります。


代表的な事例では、飼い主が不在の時に限って、大声で吠えたり、普段触れないものに噛みついたり、壊したりすることがあげられます。


飼い主と離れ離れになることで、強い不安を感じ、吠えたり、噛んだりする行為が悪化する症状であり、心の病としては「分離不安」と呼ばれています。


飼い主が不在の時となるため、愛犬が大声で吠えている事例の場合は、飼い主が知らないうちに、近所迷惑になっている可能性もあります。


では、自分の愛犬がこのような不在時に吠えたり、噛んだりする「分離不安」の症状になりやすいのか?


あるいは、愛犬に分離不安の疑いがあるのか?


愛犬の分離不安の疑いチェックリストを紹介します。


『飼い主が留守中に限って吠え続ける』


飼い主が在宅しているときは吠えないのに、留守にすると、とたんに吠えてしまう。


この場合は、分離不安の疑いが高いと言えます。


吠える鳴き声も力強い「ワンワン」から、さびしそうな「クゥーンクゥーン」までさまざま。


『飼い主が留守中に限って、噛んだり、壊す』


飼い主が不在の時に限って、物を噛んだり、壊したり、部屋が荒らされる。


普段触らないものにも、噛みついたり、破壊したり、さまざま。


飼い主が在宅しているときにも、噛んだり、壊したりする場合は、別の原因の可能性もある。


『飼い主が外出する時にドアを引っ掻く』


飼い主がドアから外出した途端に、ドアを引っ掻き続ける。


これも、分離不安の代表的な症状のひとつ。


『飼い主が留守中に限ってトイレの失敗』


普段は上手にトイレができているのに、外出時に限ってトイレを失敗する。


在宅時にも失敗する場合があるなら、犬のしつけ不足の可能性もある。


『えさやおやつを用意していても食べない』


ご飯やおやつの時間を挟んで外出するときに、準備しておいても、手を付けた形跡がない。


分離不安の症状のひとつであるが、別の病気や別の原因の可能性もある。


『手や足をなめる』


飼い主が外出したりして、愛犬がひとりぼっちになると、手足をしきりになめる。


分離不安の症状のひとつであるが、同じ場所に集中している場合など、その場所が皮膚病になっていることが原因の可能性もある。


『飼い主にいつもべったり』


愛犬が飼い主の後をいつもくっついて歩いていたり、いつも一緒で常にべったりしている。


この行為は、分離不安になっている犬の多くにみられる代表的な症状のひとつ。



上記のチェックポイントを踏まえて、これらの行動のうち、ひとつでも頻繁にみられる症状があれば、分離不安の疑いがあります。


ただし、分離不安の症状の特徴のひとつには、飼い主の外出後30分以内に現れることが多いこともあります。


外出後、30分以上経過してから、吠えたり、噛んだり、壊したりの問題行動がある場合には、もう一つの原因として、退屈や飽きの可能性もあります。


いずれにしても、飼い主にとっては、大声で吠えたり、噛んで物を壊すことは、頭の痛い問題行動です。


しっかりと原因を見極めて対処することが大切になります。


そのため、愛犬の観察する方法として、飼い主が不在になるときに、ビデオで撮影し、愛犬がいつ、どのような行動をしているのか、記録を取ってみる方法があります。


愛犬の状態を把握することも、犬のしつけでは大切なポイントとなります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ