吠える 噛む 原因 留守時のさびしがり・分離不安

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

吠える 噛む 原因 留守時のさびしがり・分離不安

吠える行為や噛む行為にはさまざまな原因が考えられます。


そのため、犬のしつけにおいても、原因を特定したうえで、しっかりとそれに対応した「しつけ方法」を実践することが大切になります。


今回紹介する吠える、噛む原因は、愛犬のさびしがり屋に起因するものです。


さびしがり屋で済んでいればいいのですが、心の病となると「分離不安」とも言います。


まずは、具体的な留守時のさびしがりと分離不安の代表的な事例を紹介します。


  • 普段はほとんど吠えないのに、飼い主が外出すると吠える
  • 外出中は、ほとんど吠え続けている
  • 外出後、直ぐから30分以内に吠えているようだ
  • 留守の時に限って、よく物を壊す
  • 普段、噛まないものも噛んだ形跡がある
  • 留守中にドアが引っ掻かれた
  • 犬のしつけでトイレは完璧なのに留守の時に失敗する

何故、このように飼い主がいなくなった途端に、大声で吠えたり、日ごろ噛みつかないものにまで噛むことになってしまうのか?


犬は、もともと群れで行動する動物です。


群れで行動することで、獲物を共同で狩り、子育てをしながら、共同生活を営んできた種類です。


したがって、単独行動になり、仲間がいなくなると、本能的に不安になる要素があります。


昔であれば、外敵に襲われるリスクが高まり、生存を脅かされることに直結します。


ある意味、自然界で犬が生き残っていくための防衛本能のひとつとも言えます。


この延長線上で、飼い主(=仲間)が外出で不在となり、愛犬がひとりでお留守番する場合などで不安が高まると、普段と異なる行動が発生してしまう訳です。


その結果、不在中に吠え続けたり、普段触れないものに噛みついたり、トイレを失敗したり、部屋をあらしたりと、ビックリする行動になってしまう場合があります。


それでも、だいたいの場合は、犬自身がもっている順応能力や適応能力が高いため、飼い主が不在がちであっても、徐々に慣れてきて、不安を感じていても、大人しくおりこうさんにお留守番ができてしまいます。


犬にも個性や個体の特徴があるので、さびしがり屋であったり、不安に弱いタイプの場合には、これらの症状が強くでてしまう場合もいます。


特に、日ごろから飼い主と愛犬が一緒にいるケースでは、愛犬はさびしがり屋になりやすい傾向があります。


愛犬が、飼い主に依存しており、いつもべったりいる場合には、要注意かもしれません。


あるいは、このような愛犬がベッタリ状況だった時に、飼い主が突然、働きに出てしまったり、生活環境が変わると、それが愛犬にとって大きな不安になっている場合があります。


これらのケースが一概にすべて「分離不安」の心の病となる訳ではありませんが、深刻な心の病の場合には、専門家に見てもらうことも選択肢にいれて検討した方がよいと思います。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ