犬のしつけの基礎 リーダーと主従関係

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬のしつけの基礎 リーダーと主従関係

犬のしつけを実施する際に、もっとも基本となる要素のひとつが飼い主と愛犬との主従関係です。


吠える犬、噛む犬、言うことを聞かない犬、いずれの犬に対しても、しっかりとしたしつけをするためには、適切な主従関係の構築は避けて通ることができないとても重要な要素です。


しかしながら、愛犬との主従関係を構築したい気持ちがあっても、実際の愛犬との付き合い方が不適切なため、残念ながら理想的な主従関係を構築できていない事例が多いのも事実です。


理想的な主従関係が構築できていない場合は、愛犬が主になってしまっていることが大きな理由として想定されます。


愛犬が主従関係の主になっている場合は、吠える行為、噛む行為、散歩でのルートまでリーダーシップを取っているのは愛犬の方になります。


飼い主がリーダーシップを取っているつもりかもしれませんが、愛犬の方は、そう思っていません。


愛犬は、自分がリーダーであり、群れを率いているつもりになっています。


そのため、飼い主が何か行動をしようとしたり、愛犬に何かさせようと思っても、自分の意思に反していれば、その指示に従うことは難しい状態になっています。


犬にとって、主従関係はとても大切です。


犬社会にとっては、リーダーはボスであり、社長と同じです。


つまり、犬社会では、ひとたびリーダーとなった存在に対しては、忠実に従います。


これが、犬の特徴であり、非常に良いところでもあります。


飼い主が、愛犬との主従関係でリーダーとなる。


これが、犬のしつけでも、とても重要な要素になることは容易にわかります。


しかし、誤った犬のしつけを実施していると、簡単に愛犬がリーダーになります。


ひとたび愛犬がリーダーになった場合には、それを覆して、飼い主がリーダーになることは簡単ではありません。


人間社会でも、社長やボスを変えることは、簡単ではありませんので、その困難さはよくわかると思います。


でも、取り組み方によっては、リーダーを変えることができます。


そこが、犬のしつけの方法でも、大切なポイントです。


犬のしつけのプロフェッショナルであるトップブリーダーやしつけ教室の先生は、その犬のつぼを心得ている訳です。


犬を観察することで、犬の習性や特徴、個体の癖などを見抜き、適切なしつけ方法を実践する。


これがプロフェッショナルな仕事です。


この場合は、犬は主であることを譲り、従の立場になるわけです。


そこまでいけば、あとは、犬のしつけをじっくりと教え込んでいくだけです。


散歩にいけば、犬がリードを引っ張って、言うことを聞かない。


お腹が空いたら、餌を出すまで吠え続ける。


お客さまの訪問があれば、帰るまでひたすら吠え続ける。


これらの愛犬の行動は、愛犬自身がリーダーとなり、犬の本能に従って行動しているケースがほとんどです。


犬のしつけでは、それだけ愛犬との主従関係が重要になります。


また、主従関係は、愛犬との信頼関係にも直結します。


犬のしつけを実践するためには、改めて愛犬との主従関係を意識する必要があります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ