吠える、噛むの原因 愛犬のストレスチェックリスト

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

吠える、噛むの原因 愛犬のストレスチェックリスト

犬のしつけでも、愛犬の吠える行為や噛む行為は、なんとか治したい行為の代表です。


愛犬の吠えたり、噛んだりする原因のひとつがストレスです。


ストレスが原因となっている場合には、犬のしつけが上手にできないばかりではなく、体調不良や病気の原因になるリスクもあります。


犬のしつけとストレスの詳細については、「無駄吠え、噛みつきの原因 ストレス」を参照。


また、愛犬にとって、ストレスの原因もさまざまです。


飼い主が愛犬の様子をしっかりと観察することで、ストレスの程度を把握することができます。


愛犬のストレスの原因となるチェックリストを紹介します。


    『飼い主とストレスの関係』


  • 愛犬の問題行動には体罰で対処している
  • 飼い主がいつもつらそう・暗そうにしている
  • 飼い主に元気がない
  • 家族でけんかばかりしている
  • 来客などともけんかばかりしている
  • 子供など、いつも誰かが騒いでいる
  • 愛犬の前で、けんか、怒り、愚痴が多い
  • 愛犬の問題行動には体罰で対処している
  • 気がつけば、いつも愛犬を叱っている
  • 難しいトレーニングばかりしている
  • トレーニングの時間が長い
  • そういえば、愛犬をあまりかまっていない
  • 他の新しく来た犬ばかり可愛がっている
  • 赤ちゃんが生まれて、愛犬は疎遠になった
  • 飼い主の家族構成など大きな変化があった
  • 最近、愛犬をしっかりと誉めていない
  • 留守番時間が長くなった、多くなった
  • 食事が少ない
  • 散歩が短い、回数が少ない
  • 運動不足、思いっきり走っていない

    『愛犬の生活環境とストレスの関係』


  • 屋内飼から屋外飼に変わった
  • 引っ越しをした
  • 近所で工事が始まり、騒音が絶えない
  • 安眠できていない原因がある
  • 愛犬の苦手なもの・構造物が近くにできた
  • 人通り、他の動物が気になってしょうがない
  • 愛犬のハウスが入り口・門の付近で落ち着かない
  • ハウスが狭すぎる
  • ハウスが不衛生
  • ハウスにくぎなど欠点がある
  • ハウスにいれられている時間が長い
  • ハウスが熱すぎる、寒すぎる
  • 実は、体調不良になっている
  • 実は、かゆいところがある
  • 実は、痛いところがある(怪我)

人間も犬も、過剰なストレスはよくありません。


生きていくうえでは、ストレスは避けることはできません。


上手に付き合って、ある程度の範囲に抑えておくことが大切です。


また、愛犬にも個性があり、ストレスの原因によって影響の範囲が異なります。


何をストレスに感じるかは、愛犬次第です。


一方で、犬は、もともと順応能力に優れた動物です。


ある程度のことは、生活をする中で、適応してくれます。


また、赤ちゃん犬や子犬など小さいころからの習慣になっていれば、他の犬では大きなストレスになるような場合でも、既に慣れていることで、それほどストレスにならないケースもあります。


大切なことは、愛犬にとって、何が大きなストレスになるのか、飼い主がよく観察して見極めることです。


愛犬のストレスを上手に排除してあげることも、犬のしつけを効果的に実践するひとつのコツです。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ