トップブリーダー・専門家のしつけ方法を知るメリット

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

トップブリーダー・専門家のしつけ方法を知るメリット

吠える犬や噛む犬のしつけ方法では、トップブリーダーや専門家、しつけ教室などのプロにお願いする方法があります。


ただし、これらのプロや専門家のしつけ方法をお願いする場合には、最高で10万円以上など費用が高額であることと、結局飼い主にとっては犬のしつけ方法がわからないことなどのデメリットがあるため、容易には選択されません。


そのかわり、一番のメリットは、犬の性格や個性を理解し、最適と思われる方法でしつけをしてくれることです。


これらの詳細は、「犬のしつけ トップブリーダー、専門家、しつけ教室のメリット・デメリット」参照下さい。


それでも、高額であり、手間も要することから、どうしても、犬のしつけができない場合や、なにをやってもうまくいかない場合など、最後の手段として活用するケースが目立ちます。


やっぱり、飼い主である以上は、自分の愛犬にとって効果のあるしつけの方法を知りたいはずです。


また、吠える犬や噛む犬に対して、トップブリーダーや専門家が実際に取り組んでいる犬のしつけ方法を知りたいはずです。


もし、トップブリーダー・専門家のしつけ方法を知ることができれば、それはあなたとあなたの愛犬にとっての財産になります。


その理由は、あなたがトップブリーダーや専門家のしつけ方法を知ることで、多くのメリットが生じるからです。


それでは、具体的に主なメリットを紹介します。


  • 愛犬に自分で犬のしつけ方法を愛情をもって実践できる
  • 愛犬は大切な家族ですので、今後も考慮すると飼い主からのしつけが最も最適
  • 家族で飼っている場合には、同じしつけ方法で統一することができる
  • 子供と親で叱り方やしつけ方法が違うことがあり、愛犬が混乱することから避けれる
  • その結果、ばらばらでしつけをするよりも、短期間で効果が得やすい
  • 家族で犬のしつけを共有できるので、進捗報告や成功体験など家族間のコミュニケーションの話題のひとつになる
  • そして、自分や家族がトップブリーダーのように犬のしつけ方法をマスターできる
  • 正しいしつけ方法によって、愛犬との主従関係が新しく構築される
  • 愛犬との主従関係は、愛犬との信頼関係にも直結します
  • 自分の愛犬にあったしつけ方法が確立されれば、吠える、噛むが再発しても対処できる
  • また、複数になった場合や違う犬を飼うことになっても、同じように取り組むことができる
  • 何よりも雑誌やインターネットなど情報の洪水に惑わされることなく、実践に専念できる

犬のしつけ教室の場合でも、しつけ中の先生に対しては、お利口さんのしつけがしっかりできた愛犬になるのに、家に戻ってしばらくすると、いつもの言うことを全く効かない愛犬に戻ってしまうといった事例もあります。


そんな時には、またしつけ教室に逆戻りでは、手間も費用も大変です。


やっぱり、飼い主自らが愛犬に対して、犬のしつけをすることが、今後の主従関係を構築するためにも大切になります。


主従関係がしっかりと構築できていなければ、信頼関係も不十分になりがちです。


犬のしつけのプロであるトップブリーダーやしつけ教室の先生は、犬の性格を理解し、正しいしつけ方法を実践することで、短期間でも、犬との主従関係を構築できる技術をもっています。


これらの方法を知り、飼い主が自ら愛犬に対して、しつけ方法を実践することによって、飼い主と愛犬との信頼関係が構築されていきます。


やはり、愛犬には、飼い主自らが犬のしつけを実践することに意味があると思います。


トップブリーダーや犬のしつけの専門家の実践している犬のしつけ方法の詳細は、「吠える、噛むに最適なトップブリーダー、専門家の実践している犬のしつけ方法」を参照。


正しいしつけ方法を知ることは、愛犬と飼い主の双方にとって大きな財産となります。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ