小型犬の無駄吠え 犬のしつけ不足で最悪な事例

犬のしつけ 無駄吠え 噛む

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

小型犬の無駄吠え 犬のしつけ不足で最悪な事例

犬のしつけでも、周囲や近所に悪影響を与える事例のひとつが無駄吠えである。


無駄吠えも大型犬や小型犬では、特徴が異なる。


今回紹介する事例は、小型犬の無駄吠えの中でも、犬のしつけ不足の事例である。


小型犬は、無駄吠えがひどいと、キャンキャンとよく吠えるイメージがある。


家の中で飼っていることが多い小型犬は、足元で甲高い声で吠えられると、とても嫌な気持ちになる。


最近は室内で犬を飼っている家が増えたと思う。


お友達の家に招かれて、小型犬がいる家が時々あるが、この前、犬のしつけ不足で、最悪な事例があった。


事前に「犬がいるから。」とは聞いていたが、玄関から小型犬の3匹に吠えられ、リビングに入っても、ずっと足元で吠えられ続ける。


「えー!?犬のしつけをしないの???こんなに吠えてるのに??」


家の外を通る人影にも、見つけたら、カーテン越しにずっと吠えている。


間違いなく、近所迷惑になっている部類である。


そして、既に、私は物凄い迷惑を被っているんですけど。。。。


ここの飼い主は、このような状態になっている小型犬3匹に何とも思っていないのか、疑問に思ってしまう。


それとも、犬のしつけをしてみても、成功していないのか、それとも、育てること自体を飼い主として諦めてしまっているのか?


そう思われても仕方がないことが明らかになった。


この小型犬3匹は、トイレも決まっているのに、その場所ではしないらしい。


すぐ、横のシートが敷いていないところでしてしまうのだ


そして、驚いたことがもう一つ。


それは、食べ物に対する執着心の強さである。


リビングに座っている人の食べ物を何でも欲しがるのだ。


リビングの上に食べ物があると、強烈な無駄吠え攻撃が始まる。


なのに、ここのご主人の悩みは、犬のしつけなどの悩みではなく、小型犬の血統書付なのに、見た目がよくないことらしい。


そんなことを気にするより、犬との友好的な生活や、近所や来客者とも友好的に接することができる犬のしつけが大切である。


来客があっても、人影が見えただけでも、甲高い声で、無駄吠えをし続けるような犬がいる家に行きたいと思うのだろか?


無駄吠えに対する犬のしつけは、来客者やご近所に対する最低限のしつけである。




Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ