犬のしつけ 無駄吠え 噛む

TOP

犬との夢の生活

かわいい犬 しつけの方法イメージ

犬をペットとして飼う時、いろいろな楽しみがあります。

犬を家族同然に一員として一緒に過ごしたい。

公園などで楽しく一緒に遊びたい。

一緒に散歩したい。

自分になついてほしい。

自分に甘えてほしい。

そして、自分の愛犬を自慢したい。

そのためには、犬のしつけがとても大切です。

自分の思ったように育たない。

言うことを聞かない。

犬に反抗ばかりされてしまう。

そのうち、夢の犬との楽しい生活が、いつしか、こんなはずではなかったと思ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、正しい犬のしつけの方法はとても大切です。

間違った方法を信じて、実践していたら、いつまでたっても、犬のしつけはできません。

夢の生活に近づけるためにも、犬との生活を楽しむためにも、しつけはとても大切になってきます。

犬のしつけで困ってしまうことがあります。

何をしたらいいのかわからない。

一応本で犬のしつけの勉強をして、実践してみたが、犬が全く言うことを聞かない

特に無駄吠えは近所迷惑になりかねず、飼い主にも負担になります。

折角お客さんを自宅に招いても、愛犬がひっきりなしに無駄吠えを繰り返すことで、悪い印象を与えてしまうことになりかねません。

また、噛むくせも、しっかりとしつけをしないと、深刻になるケースがあります。

子犬のうちは、甘噛みで、愛らしく感じるかもしれません。

しかし、成長して、大きくなれば、かむ力もあっという間についてきます。

飼い主にもかみつくこともあれば、お客さんに突然かみつくこともあります。

犬のしつけの方法の中でも、無駄吠えと噛むくせは、犬をペットとして飼う時の基本的なマナーの中でも大切なポイントになります。

犬のしつけ イメージ写真

Sponsored Link

犬のしつけ 無駄吠えなどの失敗事例

犬のしつけに失敗すると思わぬ事態を招きかねません。

噛む しつけ イメージ写真

代表的な犬のしつけの失敗事例をあげてみます。

  • お客さんにも、吠えてしまう。
  • 人が通っただけで、無駄吠えをする。
  • 電話やチャイムでも無駄吠えをする。
  • 人にとびかかってしまう。
  • 油断すると、すぐにかみつく。
  • おもちゃや家のものを噛む。
  • 一度噛んだら離さない
  • トイレができない。
  • 散歩で変なものを食べてしまう。
  • 待てやおすわりすらできない。
  • 一度興奮すると中々戻らない。

しつけがうまくいかず、こんな状態が長く続くと、愛犬への愛情もだんだん離れってしまうかもしれません。



犬の無駄吠え 原因

犬の無駄吠えをしつけるためには、その原因を特定することが大切です。

また、来客者や通行人などに威嚇的に吠えてしまうのには訳があります。

犬の無駄吠えのメカニズムを犬の習性、本能から詳しく解説しています。


犬のしつけ方法 ブリーダー、しつけ教室

犬のしつけの方法は、ネットや雑誌等で本当に多数出てきます。

しかし、体験談や感想では、どの方法が最適かわかりません。

間違ったしつけは、最悪です。⇒ 間違ったしつけ

飼い主として、(家族で)統一的な方法をマスターすることが大切です。

複数を飼う場合や、二代目の場合にも、同じ方法で実践できます。

⇒ 吠える、噛むに最適なトップブリーダー、専門家の実践している犬のしつけ方法


犬のしつけには、愛犬の生活環境にもやさしい便利アイテムの存在も重要になります。

しかも、それが年間1番人気、口コミや体験談も3万件で、飼い主にとっても大助かり。良いことは犬のしつけにも専念できます。

⇒ ★ペットジャンルランキング第1位★ 愛犬用便利アイテム


無駄吠えのしつけ イメージ写真

折角、愛情をもって育てようと思って飼いはじめた愛犬です。

無駄吠えやかみつきを繰り返して、嫌になってしまっては残念です。

正しい犬のしつけの方法はとても重要です。

間違った方法を信じて、実践していては、いつまでたっても変わりません。

お友達、お客さま、通行人、ご近所などに迷惑をかけないようにするためにも、犬のしつけはとても大切です。

あきらめずに、しつけることで、愛情たっぷり愛犬を目指しましょう。


Sponsored Link

検索


最新のコンテンツ

サブコンテンツ